×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

おいしい蟹の見分け方

おいしい蟹の見分け方

 

冬のお楽しみといえば、蟹!

 

 

せっかく高いお金を出して買うので、絶対にハズしたくない。 期待を裏切らない、というか期待以上のおいしさを期待したい(訳わかんない文章になってきました(笑))!!

 

 

一度6Lの超ビッグな蟹を奮発して買ったのに、全く甘みもカニ独特のダシもなくてがっかりしたことがありました。

 

お鍋のあとの雑炊も全くカニの味がしなかった! めちゃくちゃ大きかっただけに、私も家族も失望感が半端ありませんでした。

 

 

あれからはちゃんとおいしい蟹の条件を満たすものだけを選ぶようにしています。

 

 

そのおいしい蟹の見分け方をお伝えします。

 

 

 

甲羅の色が鮮やかでツヤがあるか

 

 

甲羅にハリとみずみずしさが感じられるか、なんとなくしなびた感じがしないか、活きの良さがあるか

 

 

見た目よりも重さのあるカニか

 

 

 

 

特に3つ目は重要です。

 

 

カニは脱皮を繰り返して大きくなっていきますが、見た目よりも軽いカニは脱皮したばかりでまだ中身が成長していないカニです。

 

ミソも身もあまりありません。 私が買った6L蟹がまさにこれでした。 図体は大きいのに、殻を割ってみると片側に身がひょろっとはりついているような感じ。

 

殻にだまされず、しっかり中身が詰まっているか確認してからにしましょう。

 

 

 

ところで通販だとこういうのが全く確認できず、外れても泣く泣くがまんしないといけないハメになりますが、高いお金出してそんな事態は許せないわけで、

 

はずれを絶対に送ってこない通販会社というのを私なりに絞りました。 失敗を重ねながら。

 

 

 

それがトップページであげているお店ですが、これらは何だかんだいって外れたことがありません。

 

8割が期待以上、2割が期待どおりという感じです。

 

 

 

値段もスーパーで買うより安いですし、水揚げ〜ボイル〜店頭に並ぶまでかなり時間がたってしまっているスーパーの蟹よりはるかに新鮮でおいしい。

 

 

やっぱり海産物は新鮮さが命です。